ドゥテルテ大統領

日本でも有名な現在のフィリピン大統領、ロドリゴ・ドゥテルテ。2016年6月30日に政権をスタートさせ、任期は2022年5月までです。

2020年7月には、ドゥテルテ大統領による5回目のSONA(State of Nation Address/施政方針演説)が行われました。SONAは毎年7月第4日曜日に行うことが憲法で義務付けられています。大統領自ら、今までの振り返りと向こう1年間の国の方針を演説するフィリピン政治の大きなイベントの1つです。

2020年のSONAは、現在最大の課題である新型コロナウイルス対策が中心となりました。今年2021年もSONAは行われますが、世論の関心は次期大統領選挙に関心がうつるため、ドゥテルテ政権の政策が大きく進むのは実質この1年程度とも言われています。

そこで今回は徐々に噂されつつある、ドゥテルテ大統領後のフィリピン大統領選の有力候補者をご紹介します。

【ドゥテルテ大統領とは】生い立ち〜フィリピン第16代大統領

フィリピン大統領選挙の仕組み

ドゥテルテ大統領後、2022年にフィリピン新大統領誕生

2022年5月に現ドゥテルテ大統領は任期を迎えます。

まずフィリピン政治体制、大統領選について簡単にご紹介します。フィリピンは、上院・下院の二院制、大統領制を採用しています。

任期は6年。大統領は再選不可、副大統領は再選可

フィリピンでは大統領の任期は、現憲法下では6年間で再選は認められていません。

過去に前例はありませんが、大統領退任後に副大統領に就任することは憲法上は可能です。

大統領と副大統領は選挙で選ばれる

大統領選挙と言えば、アメリカ式を思い浮かべる方も多いと思いますが、フィリピンとアメリカでは決定的な違いがあります。

アメリカでは副大統領は同じ政党の大統領候補者に指名されペアで選出されるのに対し、フィリピンでは大統領と副大統領はそれぞれ国民の直接選挙で選ばれます。副大統領以外の全閣僚は、大統領が選任します。

よって現在のドゥテルテ政権でもそうですが、ドゥテルテ大統領とレニー・ロブレド副大統領は別々の政党からの選出です。同じ政権でありながら、大統領と副大統領の意見が異なるということは日常的です。

特に現在のドゥテルテ大統領とロブレド副大統領は2016年当選以後ずっと対立しており、副大統領は政権内の要職から外されています。新型コロナウイルス対策を取りまとめるIATF(省庁間タスクフォース)の毎週の会議には大統領はじめ関係閣僚が参加していますが、副大統領はこの1年間1度も参加すらできていません。

2022年フィリピン大統領選挙の予想される争点

ドゥテルテ路線の継続か否か

ドゥテルテ政権の終盤は、新型コロナウイルス対策に追われることになったため、かねてからの公約はあまり進めることはできませんでした。しかし、依然としてドゥテルテ大統領は支持が強いため、ドゥテルテ路線を継続するかどうかが1つの大きな争点となりそうです。

セブ島含むビサヤ地方では高い支持率を誇りますが、マニラ首都圏をはじめルソン島では反ドゥテルテの声がかなり大きくなりつつあることも事実です。背景には、2021年に入っても一向に進展がみられない新型コロナウイルス問題の政府対応が挙げられます。

2021年3月29日からマニラ首都圏が1年ぶりの最も厳しいロックダウンを再開したことを受けて、twitterでも日別トレンドで「#DuterteResign(ドゥテルテ辞めろ)」「#DutertePalpak(ドゥテルテ失敗)」が1,2位となりました。

2021年3月時点では、ドゥテルテ大統領の所属政党であるPDP-Laban(民主党・国民の力)からの出馬は、大統領候補にボンボン・マルコス、副大統領候補にサラ・ドゥテルテの名が取り立たされています。世論調査でも他政党を抑えて人気を得ており、今後も注目されます。

新型コロナウイルス対策後の経済再生

2020年、2021年と新型コロナウイルスにより、フィリピン経済は大きなダメージを被ったため、2022年以降は経済の立て直しが必須の課題と言えます。ドゥテルテ政権下では、世界最長とも言われる規制を敷いているため、ドゥテルテ路線を継続するのか、または今後は経済優先でいくのか、抜本的な経済再生策があるのかも含めて争点になると予想されます。

親米路線か親中路線か

国際関係で言えば、新米か親中かどちらをとるのかと言う点が1つ争点になると言えそうです。ドゥテルテ政権では比較的親中と言われることが多く、アメリカに対しては軍の駐留問題をはじめ強硬な姿勢で臨んできました。

フィリピンはすでにフィリピン国内の送電網管理を中国国営企業に掌握されており、身動きが取れない状態になりつつあることも確かですが、南沙諸島の問題も含め今後の中国との向き合い方も争点の1つとなりそうです。

マルコス派かアキノ派か

近年のフィリピン大統領を語る上では、マルコス派かアキノ派分けて語れることが多いです。

ドゥテルテ大統領は、マルコス派と言われています。実際にマルコス大統領の息子であるボンボン・マルコスを次期大統領候補の1人として立候補させる動きもあります。

アキノ派というと、現副大統領のレニー・ロブレド氏が挙げられます。

次期フィリピン大統領の候補者

2021年3月現在、次期大統領選への出馬を正式に表明している候補者はいません。あくまで民間での世論調査等で出馬を期待されている、または出馬の噂がある候補者です。

しかし過去の大統領選挙を見ても、やはり事前に名前が上がっている人が出馬をしているので、新大統領もここでご紹介する人の中から選ばれる可能性はあるかと思います。

フィリピンの調査会社パブリカス・アジアは2019年12月17日、2022年大統領選の事前世論調査で、現職大統領のロドリゴ・ドゥテルテ氏の長女で、現ダバオ市長のサラ・ドゥテルテ氏が最も人気が高かったとする調査結果を発表した。
調査は2019年11月、ビサヤおよびミンダナオの2,000人の有権者を対象に実施され、全体の35.1%がサラ・ドゥテルテ氏を選択した。特にミンダナオにおいては、54.1%の有権者がサラ・ドゥテルテ氏を選択。ビサヤにおいても、16.1%が同氏を選択し首位だった。2位以下は、無所属の上院議員で2019年の中間選挙の上院選で2位だったグレース・ポー氏(11.0%)、現マニラ市長のイスコ・モレノ氏(7.8%)、元ボクシング世界王者で上院議員のマニー・パッキャオ氏(5.5%)と続いた。

引用元:次期大統領選の世論調査、ドゥテルテ大統領の長女が首位(JETRO)

このような調査結果もありますが、そもそもこの結果はマニラ首都圏を含むルソン島(フィリピン総人口の半分近い約5,000万人)が調査範囲に入っておらず、全国調査ではないことに注意が必要です。ドゥテルテ大統領もセブ島での支持は9割以上と圧倒的ですが、マニラ首都圏では一部報道で5割を切るなど支持はあまり高くありません。

実際に2016年の大統領選挙でも、ドゥテルテ大統領が世論調査で1位になったのは選挙2ヶ月ほど前からで、直前までは目が離せません。

レニー・ロブレド(現フィリピン副大統領)

レニー・ロブレド(Leni Robredo)、1965年生まれ。

現在の副大統領です。ドゥテルテ大統領とは政党が異なり、最大政党LPの所属です。政策はかなり距離があり、日頃からお互いに公然と批判しあっています。

アキノ派議員の筆頭で現在の副大統領ですが、ご本人自身の人気があまり高くないことから、まだ出馬はわかりません。

グレース・ポー(現上院議員)

グレース・ポー(Grace Poe)、1968年生まれ。

生後すぐ教会に置き去りにされて、司祭から「神の恵み」を意味するGrace Poeと名付けられました。5歳の時にフィリピンで人気の俳優の養子となり、アメリカのボストンカレッジを卒業します。

2016年の大統領選に無所属で出馬しましたが、3位と当選は叶いませんでした。マニラより北のルソン島中部での支持があつく、2022年の大統領選挙でも有力候補者の1人と言えます。

サラ・ドゥテルテ(現ダバオ市長)

サラ・ドゥテルテ(Sara Duterte)、1978年生まれ。

現ドゥテルテ大統領の実の娘で、ダバオ市の市長を務めています。

娘ということで国民的人気はありますが、国政の経験はなく、現在のダバオ市もドゥテルテ市のダバオ市長の後任として政策もほぼ全て受け継いでいるので、政治家としての手腕は未知数と言えます。

ドゥテルテ大統領自身は、「娘に大統領をさせるつもりはない」と明言しています。

マニー・パッキャオ(現上院議員)

マニー・パッキャオ(Manny Pacquiao)、1978年生まれ。

日本で一番知名度が高いのは、マニー・パッキャオではないでしょうか。ボクシング世界チャンピオンで、史上2人目の6階級制覇を成し遂げたフィリピンの英雄です。

ミンダナオ島の貧しい家の出身で、パッキャオも中学校を中退して物売りなどをして家計を支えるなどしました。ボクシングは8歳から始め、14歳の時にマニラに出稼ぎに行き本格的にトレーニングを始め、世界最高のボクサーと言われるまでになりました。

2015年にはフロイド・メイウェザーとラスベガスで試合を行い、全世界で大きな話題となりました。試合には負けてしまいましたが、この1試合でメイウェザーは約270億円、パッキャオは約180億円のファイトマネーを獲得しています。

推定生涯収入は約520億円とも言われ、日本のイチロー選手の2倍以上、フィリピンのスポーツ界では実力も経済的にも最も成功したフィリピン人です。

プロボクサーでありながら同時に議員としても活動しており、ドゥテルテ政権を支持しています。2010年から2016年までは下院議員、2016年から現在までは上院議員を務めています。

しかし議会の欠席が多い、失言、税金の滞納などの問題も抱えています。2020年12月には、ドゥテルテ大統領の所属政党でもある「民主党・国民の力」の党首となり、改めて大統領選への出馬準備ではとの声もあります。

アラン・カエタノ(現下院議長)

アラン・ピーター・カエタノ(Alan Peter Cayetano)、1970年生まれ。

2013年にABS-CBNのインタビューで、「大統領を目指している」と公式に発言しています。

実際2016年の大統領選挙で当初は大統領選への出馬を検討していたと言われていますが、最終的には所属政党「PDP-Laban(民主党・国民の力)」から大統領選に出馬したのはドゥテルテで、自身は無所属として副大統領選に出馬しましたが、結果3位と当選は叶いませんでした。

ボンボン・マルコス

正式名:フェルディナンド・マルコス・ジュニア(Ferdinand Marcos Jr)、1957年生まれ。

日本でも有名なフェルディナンド・マルコス大統領とイメルダ・マルコス夫人の長男です。日本ではマルコス大統領と夫人にはあまり良いイメージはありませんが、フィリピンでは一定の支持がいまだにあります。

2016年には副大統領候補として出馬しましたが、レニー・ロブレドに敗れています。

ドゥテルテ大統領との距離も近く大統領候補の噂もありますが、世論からの支持はあまり広がっていません。

イスコ・モレノ(現マニラ市長)

イスコ・モレノ(Isko Moreno)、1974年生まれ。

現在のマニラ市市長です。

マニラ最大のスラム街であるトンドの出身で、非常に貧しい家に生まれました。自身も10歳からゴミのリサイクルを手伝い始め、貧しさから残飯を食べていた時期もあると語っています。

しかし18歳の時に転機が訪れます。芸能界にスカウトされ、その後は俳優として数々の映画に出演するようになります。また、マニラ市の議員や副市長もつとめ、フィリピン大学やマニラ市立大学、オークスフォードやハーバード大学の短期コースでも政治・行政学を学びます。

2017年には、ドゥテルテ大統領からNorthRail(鉄道公社)の会長に任命されますが、2018年には辞任し、2019年からマニラ市長を務めています。

マニラ市長になってからは社会的弱者によりそった政策を数多く打ち出し、マニラ市内のストリートチルドレンを保護、フィリピン最大のディビゾリアン市場の浄化活動など、マニラの治安や環境改善にも積極的に取り組んできました。

大統領候補としての呼び声も高いですが、国政での経験がない点に加え、2021年に入ってから2022年の大統領選の出馬の噂は否定しています。

まとめ

フィリピンの大統領制と、2022年に就任するフィリピン大統領の候補者をご紹介しました。

2022年3月には正式に大統領選挙のキャンペーンがスタートしますので、2021年年末にはある程度の候補者が出揃うものと思います。

また新しい情報がありましたら、追加したいと思います。

おすすめの記事