【Barko Haus】こだわりのコーヒーが飲めるセブ市内のカフェ

Barako Hausはシベットコーヒーを格安で提供しているセブ島の隠れ家的なカフェです。日本人観光客はまず行かないと思いますが、今回はお店の雰囲気とメニューをご紹介します。

Baarko Hausの場所


セブ市内の中心地、キャピタルやオスメニアサークル近くにあるカフェです。日本人もよく利用する病院、セブドクターズホスピタルの裏側です。

近くにはUncle Tom'sやPremiere Citi Suitsなどの1,000ペソちょっとの格安ホテルが多くあるエリアです。アヤラモール からは車で10分ぐらい。

Barako Hausの外観・店内

Barako Haus
普段日本人観光客の方が通る場所ではないですが、通りに面しているのでわかりやすいです。お店は1階です。

Barako Haus
店内は木製の家具で揃えられていて、アンティーク調。とてもお洒落な雰囲気です。

Barako Haus
グループで座れるベンチタイプのシートもあります。

Barako Haus
店内の奥には靴を脱ぐ日本のお座敷タイプの席もあります。

Barako Haus
外にもテラス席があります。お昼の一番暑い時間に行ったので、利用している人はいなく、席もまだ用意されていませんでした。

Barako Haus
レジです。

Barako Haus
コーヒ豆を買うこともできます。

Barako Haus
セブ島の観光名所を描いたTシャツも販売しています。1枚ずつ手作業でペイントしているみたいです。

お土産に良さそうですね。

Barako Hausのメニュー・料理

Barako Haus
定番のアメリカーノですが、3種類から選べます。
・Arabica 75ペソ
・Barako 85ペソ
・Civet 240ペソ

Arabicaはアラビカ豆のこと。Barakoはフィリピン産の豆です。

Civetはあのシベットコーヒーのことです。ジャコウネコのフンから取れる世界一貴重で高価なコーヒーです。それが、なんとここでは240ペソ。マクタン島に2店鋪、セブ市内ではITパークにあるCivet Coffeeでは100%シベットの豆を使ったコーヒーは2,000ペソするので、激安です!

ただもしかしたら240ペソのコーヒーは100%じゃないかもしれませんね。100%シベットコーヒー豆が100g 2,400ペソで販売しているので。

ちなみに値段だけで言えば、Jセンターモールの3階フードコートに、100%のシベットコーヒーが200ペソで飲めるお店がありますよ。

Barako Haus
コーヒーはここの看板メニューなので、後ろの黒板にも書いてあります。

アイスコーヒーでも注文できます。

Barako Haus
3杯まで100ペソでお代わりできます。

Barako Haus
今回はBarakoのアメリカーノを注文してみました。

一言で言うと、フルーティー!苦味より、酸味と甘みが強いです。

Barako Haus
Cassava Cake 60ペソ。

キャッサバとは、タピオカの原料です。つまり、タピオカケーキです。温めて提供してくれるので、もちもちして美味しいです。おすすめです。

ケーキ自体はそんなに味がないですが、自然な甘みがあります。上にかかっているのはキャラメルソース。

Barako Haus
クッキー 25ペソ。

レジ前にあったのでつい注文してしまいました。これは普通のチョコレートクッキー。

他にもスパゲティや、ライスセットのチョリソーなどのフードメニューも豊富にあります。

Barako Hausのまとめ

Barako Haus

Barako Hausは、なかなか行かない場所にある、隠れ家的なカフェです。日本人観光客の方にはほとんど知られていません。

でも実はWifiが速く、時間制限もないので、休憩がてらネットで次行く場所を検索するのにも良いですよ。電源も取れます。キャピタルやマンゴー付近にお泊りの観光客や留学生の方は、ぜひ行ってみてください。

店名:Barako Haus(バラコ ハウス)
電話:(032) 254 4331
予算:100〜300ペソ(1人)
営業時間:
月曜 7:00-22:00
火曜 7:00-22:00
水曜 7:00-22:00
木曜 7:00-22:00
金曜 7:00-22:00
土曜 7:00-22:00
日曜 7:00-22:00

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事