セブ島旅行

セブ島旅行に行かれた方の体験談をご紹介します。

良かった点も、悪かった点も、頂いた記事をそのまま掲載しています。セブ島旅行のご参考にしてください!

・お名前:シュークリーム様
・年齢・性別:20代・女性
・どなたと旅行に行きましたか?:友達と2人
・ホテルはどこに泊まりましたか?:クリムゾンリゾート&スパ マクタンアイランド セブ

セブ島旅行までの経緯

私は綺麗な海や豊かで壮大な自然を求めてセブ島旅行を決めました。

台湾や香港・マカオ旅行とも迷いましたが、セブ島というまだ行ったことのない土地に好奇心が湧いたのでセブ島に行きました。私がセブ島旅行に行くことを友人に告げると、友人もちょうど行きたいと思っていたところだったので、二人で行くことにしました。

二人のスケジュールが最も合いやすい2泊3日旅行でプランを考えました。2泊3日セブ島旅行でかかった総額は、1人約100,000円位です。

2人という少ない人数だったので個人手配でプランを考えたのと、5つ星ホテルに泊まったため相場より少し費用がかさみました。その分航空券は1番安い格安チケットを調べて往復で予約しました。

ホテルは2人ともこだわりがあったので、5つ星ホテルに宿泊しました。ホテルはブッキングドットコムやグーグルなどの口コミを検索し、高評価を得ている宿泊所から自分の予算にぎりぎり合った部屋を予約しました。

セブ島旅行体験記

1日目:成田〜セブ島

友人と成田空港で合流し、成田空港のコンビニでおにぎりやパン・お菓子を買い朝食を済ませました。

そして成田航空からフィリピン・エアラインの飛行機に搭乗しました。初めてのフィリピン・エアラインの利用でしたが、目立ったトラブルや遅延もなく無事にセブ島に着くことができました。成田空港からマクタン・セブ国際空港までは4時間55分くらいのフライト時間がかかりました。

宿泊したのは、クリムゾンリゾート&スパ マクタンアイランド セブという5つ星ホテルです。こちらのホテルはBooking.comでジーニアスという会員特典を使用して宿泊しました。マクタン・セブ国際空港から約25kmほど離れた場所にありました。

お腹が空いていたのでSaffronカフェというクリムゾンリゾート&スパ マクタンアイランド セブホテル内にあるビュッフェで食事を取りました。アジアっぽい食事や洋食まで様々な料理が並んでいたので、好き嫌いがある方でも楽しみながら食事することができると思います。

この日はばたばたして二人とも疲れていたのでホテルで過ごし、早めに寝ました。そのため、1日目はほぼホテル内の施設で時間を過ごしました。ただ、ラグジュアリーなホテルだったので飽きることなくホテルでの滞在を楽しむことができました。

2日目:マリンアクティビティ〜ランタウ

クリムゾンリゾート&スパ マクタンアイランド セブ
2日目も同じくクリムゾンリゾート&スパ マクタンアイランド セブのホテル内で朝食を食べました。朝食は美味しくて、もちもちとした食感の白米が提供されたので嬉しかったです。食後にはさっぱりとした美味しいフレッシュジュースを飲みました。

そして、クリムゾンリゾート&スパ マクタンアイランド セブに連泊しました。こちらのプールには少し小さな虫が浮いていてびっくりしました。ただ、セブ島という土地柄のためか小さな飛んでいる虫を多く見かけたので、プールに少し虫が浮いていてもしょうがないことなのかなとも思いました。

2日目は初めてセブ島で海のアクティビティに挑戦しました。私が挑戦したのはパラセイリングとシュノーケリングです。パラセイリングはベルトラ、シュノーケリングはエアービーエヌビーというアプリを利用してアクティビティを予約しました。

私は高いところが苦手で、友人は泳ぐのが苦手だったのですが、2人ともセブ島でのアクティビティを楽しむことができました。特にシュノーケリングでは、日本ではあまりみられない小さくカラフルな魚たちと一緒に泳ぐことができたので感動しました。まるでニモの世界に自分たちがいるようで、魚になった気分がしました。

セブ島で1番人気の水上フィリピン料理店のランタウ
その後、事前に調べていたレストランに行きました。それはマクタンのコルドバ地区にあるフィリピン料理のお店、ランタウというレストランです。

座った席から海が一望でき、夕暮れを食事とともに眺めることができました。フィリピン料理は初挑戦で、食材や料理名が分からないまま食べたものも数品ありましたが、どれも美味しく食べることができました。ライスの大きいサイズを頼んで二人で分けたのですが、女子二人には大きすぎたのでもう少し小さいサイズにしておけばよかったと思いました。

お金を払った後は、来た時にタクシーを待たせておいたのでそれに乗ってホテルまで送ってもらいました。日本とは違って料金が安いので、気軽にタクシーに乗れる点もいいなと思いました。あまり夜に女だけで出歩くのは防犯的に良くないと思い、夕食後はホテルでずっと過ごしました。

ホテルは連泊で同じ部屋だったので、1日目の後パッキングなどをせずに過ごすことができたので楽でした。部屋も大きく、インスタ映えするほど豪華でどこかの貴族になったような雰囲気を楽しみました。

1番気に入ったのはお風呂です。豪華で清潔感のあるバスルームに大満足でした。ベットはマットレスが少し硬かったので、友人は腰が少し痛いと言っていましたが私は大丈夫でした。アクティビティを2つ体験したこともあって、その日はベッドに入るとすぐに眠ってしまいました。

セブ〜成田

チェックアウトをした時に、フロントでホテルマンからクリムゾンリゾート&スパ マクタンアイランド セブのホテルから、マクタン・セブ国際空港までシャトルバスを運行していることを教えてもらいました。

そのため、有料でしたがシャトルバスに乗ることにしました。海外のドライバーはぼったくりや荒い運転をするイメージがありましたが、こちらのシャトルバスのドライバーは非常に丁寧な対応をしてくださいました。

マクタン・セブ国際空港に着くと、再びフィリピン・エアラインに搭乗して帰国しました。マクタン・セブ空港から成田空港まで変えるフライト時間も4時間55分を予定していました。数分の遅延はあるものの、あまり遅れずに成田空港に到着したので良かったです。

2泊3日という短い旅行でしたが、リッチで楽しい時間を過ごすことができました。

セブ島旅行の感想

往復で約10時間ほど飛行機に乗らなければならないので、むくみや耳鳴りの対策はしておくと役立つかもしれません。私は軽いクッションやブランケット・アメなどを機内に持ち込みました。血栓症などにならないように、時々足を動かすなどの運動も行うのがおすすめです。

また、治安については当たり前といえば当たり前かもしれませんが、日本にいる時以上に防犯意識を持ちましょう。現地の人から聞いた話ですが、もしひったくり被害に遭っても、犯人を追いかけるのはやめなさいと言われました。犯人を追いかけてアジトにたどり着くと、犯人の仲間から攻撃される場合も考えられるからだそうです。

防犯意識を持っていれば、観光を楽しんだりグルメやショッピングを楽しんだりできる島なので、全体的な感想としては非常にセブ島旅行はおすすめできます。
 

セブ島旅行の計画ならこちらの記事もどうぞ

おすすめの記事