ホーム フィリピン情報フィリピン一般 オンライン英会話にフィリピン人講師が多い4つの理由とは?

オンライン英会話にフィリピン人講師が多い4つの理由とは?

公開日: 最終更新日:
フィリピンのオンライン英会話

フィリピン人が講師のオンライン英会話が増えています。その理由はどうしてでしょうか?

今回は、オンライン英会話にフィリピン人講師が多い理由と、フィリピン人講師のメリット・デメリット、フィリピン発のオンライン英会話の選び方のポイントをご紹介します。

オンライン英会話の講師にフィリピン人が多い理由

フィリピン人の年収と英語力

フィリピン人は英語を理解できる

フィリピンは英語が公用語の1つとして定められており、ほとんどのフィリピン人はある程度の英語は理解することができます。特に大学まで卒業した勉強をしてきたフィリピン人であれば、一般的な日本人の英語力よりはるかに上です。オンライン英会話で働く講師は、大学在学中または大卒者です。

ただし、よく誤解されますが「理解できる」であって、フィリピン人みんなが流暢に「話すことができる」というわけではありません。(下記のデメリットの項目で詳しくはご紹介します。)

フィリピンは地域によって言葉は違いますが、現地の言語があります。フィリピン人でも日常生活で英語を話す機会はそこまで多くありません。ただし、ビジネス上の文章などは英語を使うことが普通ですし、英語の新聞やテレビ放送もあります。なので読んだり耳にする機会は多いです。

よくフィリピン人は小学校から英語での教育を受けていると言われます。実際は使っている教科書は英語で書かれていても、特に小学校であれば先生は現地語で教えているケースが多いです。

フィリピン人講師の給料は安い

オンライン英会話が低価格で維持されており、ほとんどの講師がフィリピン人である最大の理由は、フィリピン人の給料の安さです。

フィリピンの最低賃金は、マニラでは1日500ペソ(約1,100円)弱、セブ島であれば400ペソ(約900円)弱です。時給にすれば100円弱ということになります。

登録制のオンライン英会話の場合、講師の収入は1コマ(25分)50ペソ(約110円)ぐらいが一般的です。もっと単価の高いオンライン英会話や、ベテラン講師のなかにはもっと高い人もいます。

社員として採用され固定給の会社もありますが、月に15,000ペソ(約33,000円)ぐらいです。

フィリピンでは仕事を見つけるのが大変

フィリピン社会の問題として、良い仕事につけないのが大きな問題の1つです。

特にこのコロナ禍で失業率は大幅に上昇しており、25%を超えるという調査結果もあります。大学を卒業してもなかなか良い仕事につけないという現実があります。

マニラの場合には企業も多いのでまだチャンスはありますが、セブ島をはじめさらに田舎の都市では、大学を卒業しても良い就職先は多くありません。非常に優秀だったりコネがある人は、大企業に就職したり公務員になれますが、あとの一般の人はローカルの小さな企業や、コールセンター、語学学校講師、オンライン英会話がよくある就職先となります。

講師も好きな時に働けるというメリットがある

オンライン英会話の多くは、登録制の講師です。つまり、出勤時間が決まっているわけではなく、自分が働きたい時に働けば良いわけです。

レッスンの予約が入らなければ収入は得られませんが、好きな時間に働けるのは講師からしたらメリットと言えるでしょう。

フィリピン人講師のオンライン英会話のメリット

圧倒的な価格の安さ

1番のメリットはなんと言っても、価格の安さです。1コマ(25分)のレッスンが200円以下で受けられます。しかも講師と1対1のレッスンです。

上記でデメリットは挙げましたが、そのデメリットが許容できないならネイティブ講師や日本人講師のオンライン英会話もあります。しかし、価格はだいたい10倍以上です。

日本に興味を持っている講師が多い

日本に興味を持っているフィリピン人講師は多いです。

これの何がメリットかといえば、やはり興味を持っていてくれた方が話が弾みます。オンライン英会話はフリートークではなく教材に沿って勉強していきますが、フリートークを全くしないということではありません。

反対にもしフィリピンのことで興味があれば、聞くことができます。日本人講師とのレッスンではできないことですね。

フィリピン人講師のオンライン英会話のデメリット

訛りが強すぎる先生がいる

英会話学習を始めるときに、先生の訛りを気にする方も多いと思います。

訛りが少ない英語はアメリカの西部やカナダの南西部と言われます。ただしこれはアメリカ英語の標準であって、イギリス人のあればイギリス英語こそが英語と考える人もいるでしょう。

フィリピン人にも、フィリピン人訛りと言われる訛りがあります。マニラとセブの人でも違いますが、巻き舌で発音が強いのが特徴です。フィリピン訛りの強い英語と言えば、ドゥテルテ大統領ですね。(気になる方はYouTubeなどで探してみてください)。

しかし講師の訛りを気にするのは、あまり意味のないことです。第2外国語の訛りというのは、基本は母国語に依存するからです。つまり日本人がフィリピン人から習っても、フィリピン人訛りになることはなく日本人訛りのままです。

訛りを完全に克服するのは、大人になってからはまず難しいです。日本語を話す中国人を考えるとわかりやすいかもしれませんね。

少しでも綺麗な発音を聞いて勉強したいという考えはその通りですが、オンライン英会話の1番の目的はスピーキングです。リスニングを勉強したいだけなら、市販のリスニング教材やYouTubeで綺麗な発音の英語は聞いたほうが良いでしょう。

まれに文法が怪しい先生がいる

ごくまれにですが、文法が怪しい先生がいます。はっきり言うと、教えるレベルに達していない先生がなかにはいます

フィリピン人は英語のネイティブスピーカーでもないので、大学を出ていても文法の間違いがある人は少なくないです。

オンライン英会話のメリットでもあるように自分で好きな講師を指名できるので、次回以降は指名しなければいいと思います。

講師と親しくなると直接契約を誘われる

オンライン英会話のポリシーとしてはもちろんNGだと思いますし、ごくごく一部の講師ですが、レッスンを重ねて親しくなると直接契約を誘ってくる講師もいます。

講師側のメリットは大きいのですが、生徒側からすればデメリットの方が圧倒的に多いです。講師側のメリットは、単価アップです。50分で500円から1,000円で誘われると思いますので、講師の単価は3倍から5倍にアップします。

生徒側からすれば費用はそこまで大きな問題ではないと思いますが、一番のデメリットはオンライン英会話会社が提供していたレッスンツールと教材が使えなくなるということです。また今までのように気軽に空いた時間にすぐレッスンを受けることもできませんし、講師への支払いも正直手間です。

ビジネス経験はない講師が多い

社会人のなかにはビジネス英会話を勉強したいという人も多いと思います。しかし講師は一般企業での就職経験はない人がほとんどです。

そもそもですがオンライン英会話の講師として働いているのは、一般企業への就職が難しいからという理由が多いです。過去に就労経験がある人でも、仕事で英語を使うような企業でなく、ローカルの個人経営の場合がほとんどです。

フィリピン人講師のオンライン英会話の選び方

オンライン英会話を提供する会社は、このコロナ禍でさらに増えました。

数あるフィリピン人講師のオンライン英会話の中からどう選べば良いか、いくつかポイントをご紹介します。

運営歴の長い大手オンライン英会話から選ぼう

中小規模のスクールや、新しくスタートしたオンライン英会話を選ぶメリットはほぼありません。おすすめは運営歴の長い大手オンライン英会話です。

オンライン英会話の仕組みはシンプルで、講師・教材・インターネット回線があればレッスンを提供できます。そのため、このコロナ禍でオンライン英会話をスタートさせた会社や学校は多いです。

しかし予約システム、レッスンツール、教材の充実度などは、長年開発・改良を続けてきた大手とは雲泥の差があります。そして費用も大手の方が安いです。

講師の質をアピールするオンライン英会話は疑う

講師の質を一番に謳うオンライン英会話は、気をつけましょう。

そもそも講師の質ってなんだと思いますか?他社との比較が最もしにくい項目の1つです。

5000人以上講師がいるオンライン英会話でも採用率1%と言っていますが、これは怪しい気がします。5000人としても50万人応募したことになりますし、辞めた講師を考えれれば今までに1万人以上はいたでしょうから100万人以上が応募したことになります。

講師側から考えるとわかりやすいですが、良い講師や経験方法な講師が集まるかは、給料次第です。だいたいのオンライン英会話は横並びなので、講師の質もだいたい同じと考えて良いでしょう。

大手のオンライン英会話だったら、講師数は多いので色々な講師がいます。最初のうちはいろいろな講師のレッスンを受けてみて、自分にあう講師を見つけた方が良いと思います。

評判や口コミを気にするのはあまり意味がない

評判や口コミ、レビュー記事を検索する人も多いと思いますが、これもあまり意味がありません。

大手のオンライン英会話は講師は5,000人以上おり、生徒はさらに多いです。もちろんこのなかには、良いとは言えない講師もいます。生徒も多いので、さまざまな口コミがネット上に溢れています。

ほとんどのオンライン英会話は初回無料で体験レッスンができるので、自分で試してみるのが早いですし、一番よくわかります。入会から予約までも10分あれば終わるので、トータル30分弱で1回レッスンを受けることができます。

実際にレッスンを予約して受けることで、予約システムやレッスンツールの使い勝手がよく分かります。講師についてはどのオンライン英会話でもそこまで大差はありません。最初のうちは色々な講師とレッスンをして、早くお気に入りの講師を見つければ良いと思います。

講師は自宅またはオフィスからレッスンを提供

講師は登録制か社員として働いている2パターンあるというのはお話ししましたが、レッスン場所も2パターンあります。講師の自宅からレッスンを提供する場合と、オンライン英会話のオフィスから行う場合です。

これもどちらもメリット、デメリットがあります。

講師の自宅からレッスン

メリットは、講師は自宅にいるため、レッスン可能時間を長く設定していることが多いです。つまり生徒からすれば予約可能な時間が長く、予約しやすいです。

デメリットは、周囲の音がうるさい場合があるということです。全く問題ない環境の講師もいますし、家族が多かったり、周辺近所が騒がしいと、その音を拾ってしまいます。

オフィスからレッスン

メリットは、比較的ネット環境が安定しいてるということです。

デメリットは、周囲の音がうるさい場合があるということです。オフィスということは隣の席でも他の講師がレッスンをしています。その声を拾ってしまうことはあります。

フィリピン人講師のオンライン英会話

どのオンライン英会話も、最初は無料で体験レッスンを受けることができます。実際にいくつか試してみて、最も使い勝手の良いオンライン英会話を継続するのが良いと思います。

下記でご紹介している料金プラン以外もありますので、詳細はリンク先にてご確認ください。

レアジョブ英会話

レアジョブ英会話

1ヶ月(毎日25分プラン)6,380円
レッスン可能時間6〜25時
独自レッスンツールあり
講師環境自宅

オンライン英会話の最大手で、唯一の上場企業でもあります。(もう1つの最大手といえばDMM英会話ですが、講師はフィリピン人だけではないので今回おすすめからは外しています。)

独自レッスンツールの使い勝手もよく、価格も安いので、まず真っ先におすすめしたいオンライン英会話スクールです。

複数検討していて比較したいという方は、このレアジョブともう1社を試してみるのが良いと思います。

無料体験レッスンはこちら
▶︎レアジョブ英会話

NativeCamp

NativeCamp

1ヶ月(無制限)6,480円
レッスン可能時間24時間
独自レッスンツールあり
講師環境オフィス・自宅

ネイティブキャンプの1番の特徴は、レッスンを無制限で受けられるということです。1日1コマという制限はなく、定額で好きなだけ授業を受けることができます。

ただし、1コマを60分など長時間にするということはできません。1コマは1分から最大でも25分と決まっています。もっと勉強したければ再度レッスンを予約し直すことになります。すぐレッスンを始める場合には追加料金はかかりませんが、講師を指名予約するのであれば追加料金が必要です。

無料体験レッスンはこちら
▶︎ネイティブキャンプ

QQ English

QQEnglish

1ヶ月(毎日25分プラン)10,648円
レッスン可能時間24時間
独自レッスンツールあり
講師環境オフィス

全ての講師は正社員で、セブ島のオフィスからレッスンを提供しています。

1日1コマという制限はなく、月に30回分のポイントが与えられるので、1日に2コマ受けるということも可能です。また人気のあるベテラン講師の場合には、通常の1.5、2倍のポイントを使って予約するというシステムです。

子供向け(3〜15歳)のオンライン英会話「QQキッズ」もあります。

無料体験レッスンはこちら
▶︎QQ English

hanaso

hanaso

1ヶ月(毎日25分プラン)6,578円
レッスン可能時間6〜24時55分
独自レッスンツールなし(SkypeまたはZoom)
講師環境自宅

hanasoも、フィリピン人講師のオンライン英会話です。

独自レッスンツールがないのに加え価格もレアジョブより若干高いので、レアジョブの方が良いでしょう。

無料体験レッスンはこちら
▶︎hanaso

kimini

kimini

1ヶ月(毎日25分プラン)6,028円
レッスン可能時間6〜24時
独自レッスンツールあり
講師環境自宅・オフィス

講師は全てセブ島在住のフィリピン人です。教育関連で定評のある「学研」が運営しているため、テキストの評判は良いです。

1日2コマ、4コマプランが割安なので、たくさん勉強したいという方にはおすすめです。

無料体験レッスンはこちら
▶︎kimini

まとめ

フィリピン人講師のオンライン英会話をご紹介しました。

どのオンライン英会話でも最初は無料体験レッスンを受けられますので、初心者の方もまずは試してみることをおすすめします。

コメントを書く

関連記事

セブ島の貸切アイランドホッピングツアーなら
ツアー詳細
セブ島の貸切アイランドホッピングツアーなら
ツアー詳細