セブ島の現地人気ツアーであるジンベイザメウォッチングはご存知でしょうか?

オスロブという田舎の港町でジンベイザメと接触するほど近くで泳ぐことができるアクティビティです。サメと言ってもジンベイザメは危険性はありません。

この記事ではツアーの詳細や注意点、現地までの行き方などを、セブ島で3年ほどツアーガイドをしている私がご紹介します。

※オスロブはセブ島中心部ではなく、距離にして約120km、車で3,4時間の場所です。

ジンベイザメとは


ジンベイザメは世界最大の魚類です。日本では沖縄の美ら海水族館や大阪の海遊館、北陸ののとじま水族館など4ヶ所の水族館で見ることができます。ですが、やはり飼育は難しく、近年でも何頭かのジンベイザメが亡くなってしまいました。

大きくなると体長10メートルを超えますが、水槽が6メートル程度の水族館だと、成長する前に野生に帰してしまいます。セブ島では10メートルを超えるジンベイザメたちと一緒に泳ぐことができます。

オスロブのジンベイザメウォッチング

オスロブはセブ島のほぼ南の端に位置します。空港があるマクタン島から距離にして約120km、車で3,4時間の場所です。ここで見られるジンベイザメは全て野生で、網で囲って飼っているわけではありません。多い日は10頭前後のジンベイザメがやって来ます。

2011年頃、地元の漁師が餌をやっていたところ、毎日ジンベイザメが同じ場所に来ることになったのがジンベイザメウォッチングの始まりです。そのため、ジンベイザメを見ることができるのは朝の6時から昼前のみです。食事が終わったジンベイザメは帰ってしまい、また翌日餌を食べにやって来ます。

餌をやっているエリアは砂浜から20メートル程の地点で、小さなボートで行くことができます。すぐ近くにジンベイザメがいるのでボートから海に顔をつけるだけで見ることができ、泳げなくても参加可能です。

しかし、台風や高波などで、まれに見られないこともあります。遭遇率は99%くらいで、1年間ガイドをしましたが、年間5日ほど見られない日がありました。。

セブ島のアクティビティについてはこちらの記事をどうぞ
▶︎【セブ島観光】50人に聞いてわかった「良かった・イマイチだったこと」

ジンベイザメツアー


ジンベイザメウォッチングをする場合、ほとんどの観光客が日本の旅行会社を利用します。現在このツアーがとても人気のため、旅行会社も多くあります。

なかにはVISA無しで働いている日本人や、現地の観光省の許可を取っていない悪質な会社もあります。ここでは一般的な会社の場合を紹介します。

ツアー内容


まず、ホテルまで送迎の車が迎えに来ることになりますが、出発は朝の3時から5時くらいになります。これは、早朝に現地に着く必要があるからです。3時に出発し、途中でファストフード店で朝食を購入しつつ、6時には現地に到着します。

待ち時間については後で詳しく述べますが、30分から4時間ほど待った後小さなボートでジンベイザメのいる地点まで向かいます。船から眺める、シュノーケリング、ダイビングの3つの楽しみ方があるのですが、ほぼ全てのツアーはシュノーケリングです。実際に泳ぐ時間は30分程度ですが、これだけあれば十分満足できます。

その後シャワーを浴び着替えをして昼食を食べホテルに戻ることになります。到着は夕方頃になります。

日本の旅行会社

まず値段ですが、1万円前後から1万5千円程度の会社が多いです。料金はサービスによって変わります。

例えば「日本語ガイド」と書かれているツアーは日本語ができるフィリピン人が同行します。基本的な日本語がわかり、案内はできますが、難しい会話はできないため、観光客とトラブルになっているのをたまに見ます。

現在多くの旅行会社がフィリピン人ガイドを雇っています。「日本人ガイド」と書かれているツアーのみ日本人が付きます。最安値のツアーではありませんが、やはり日本人なので安心感があります。

会社によってその他のサービスも様々です。例えば10人乗りのバンに他のグループとパンパンに詰め込まれたり、泳いだ後のタオルや飲み物を用意してくれていたり、ジンベイザメが見られなかった場合の返金があったりなかったりと様々なので、口コミなどを参考に選んでください。

その他の方法、その他のツアー

旅行会社を使わずにオスロブに行く方法もあります。また、オスロブの近くには他の観光地もいくつかあります。ここではその2点を詳しく説明します。

自力で行く場合

オスロブまで自分で行き、受付をしてジンベイザメウォッチングをすることもできます。

まずセブシティのサウスバスターミナルに行き、南行きのバスに乗ってオスロブで降りるだけです。場所は乗った際にスタッフがいるので、伝えると現地で教えてくれます。料金は片道500円もかかりません。

こういうと簡単そうですが、自力で行くのはかなり大変です。まず、早朝かなり早くバスターミナルに行かなければなりません。マクタン島のホテルを3時までには出る必要があるためタクシーも捕まりにくいです。

バスは運転が荒く、途中で乗客を乗せるために何度も停車します。帰りは夕方の渋滞の影響でセブ市内まで4時間程度、マクタン島のホテルだとさらに2時間かかります。

レンタカーを手配したり、タクシーを1日チャーターして行く方法もあります。セブ島のレンタカーは運転手付きで、オスロブまでの往復だと1万円程度です。レンタカー会社を探して手配する必要がありますが、料金は2人以上だと日本の旅行会社よりお得になります。

タクシーは1日チャーターしたいと交渉が必要で、こちらも1万円程度です。

現地では受付でチケットを購入して、待っていれば呼んでくれます。シュノーケリングのチケットは2000円程度で、別途シャワーやトイレなど施設の利用料が200円程度です。

日本の旅行会社より安く行けるため、旅慣れている人や最安値を希望する人にはいいかもしれません。

私は語学留学中に友達とレンタカーを使って行きましたが、席が狭すぎて大変だったのを覚えています。フィリピンでは何が起こるかわからないので、英語や現地の治安やサービスに不安がある人は旅行会社を利用しましょう。

タクシーについてはこちらの記事をどうぞ
▶︎【セブ島・マクタン島のタクシー完全解説】料金表付き

その他のツアー


せっかく3時間かけてオスロブまで行って、30分泳いで帰るのではもったいないと思う方へ、多くの旅行会社では別のツアーとセットで催行しています。

人気なのはカワサンの滝とスミロン島です。カワサンの滝はオスロブからさらに車で1時間移動し、その後20分山道を歩いてたどり着きます。自然豊かな場所で滝も迫力があり人気です。


スミロン島はオスロブのすぐ近くで、こちらはアイランドホッピングができます。20人乗りくらいのボートで30分ほどで島に着き、ビーチやシュノーケリングが楽しめます。スミロン島は田舎の離島なので、綺麗な熱帯魚がいっぱいいて、運が良ければカクレクマノミも見ることができます。

料金はジンベイザメ+カワサンの滝もしくはジンベイザメ+スミロン島で2万円前後です。ジンベイザメ+スミロン島+カワサンの滝のツアーをしている会社もありますが、内容が多すぎて帰りは夜遅くなります。かなり疲れるツアーになるため、あまりおすすめはしません。

全て行きたい方は2日間に分けましょう。その場合はカワサンの滝の近くのモアルボアルがおすすめです。スミロン島と同じようなアイランドホッピングですが、こちらではイワシの大群やウミガメを見ることができます。また、ホワイトビーチも有名で、このエリアで1泊するのもいいと思います。


日本人にはあまり有名ではありませんがオスロブの近くにツマログの滝という場所もあります。催行している会社は少ないですが、カワサンの滝とは違った壮大な滝を見ることができます。オスロブから20分程度車で山を登り、最後はバイクの後ろに乗って現地にたどり着きます。本当に綺麗で私もおすすめの場所です。

最後に

注意点

ジンベイザメウォッチングをするにあたり、いくつか注意点があります。

まず、繁忙期はものすごく混雑します。閑散期はオスロブに着いてから待ち時間が30分程度なのですが、最近は日本人、韓国人、中国人にとても人気があるため、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始、卒業旅行シーズン、中国の旧正月などは待ち時間が4時間程度です。到着が8時頃になると、昼前には終わってしまうため見られない可能性もあります。

現在はオスロブ在住のスタッフに5時頃から受付に並んでもらい、チケットを先に購入してもらうことが主流になっています。そのため、後に着いたツアー客が先に行っているというクレームもあります。会社によって先に購入しているところとしていないところがあるため、待ち時間が気になる方は確認してみてください。

また、このツアーはいつなくなるか分からない状況です。動物愛護団体からジンベイザメや他の魚の生態系に悪影響があるとクレームがあるからです。1日何百人と観光客が訪れるので、環境問題も指摘されています。

ルールも年々厳しくなっていて、ジンベイザメに触れるのは禁止、日焼け止めも禁止されています。違反した場合罰金などもあり、逮捕されることもあります。事前に注意事項についてレクチャーを受ける必要があります。

悪徳フィリピン人ガイドにも注意が必要です。彼らは日本人がよく泊まるホテルのロビーや外で待ち構えていて、観光客を見ると話しかけてきます。カタコトの日本語ができ、それで安心する日本人も多いようです。大半がぼったくりで日本の旅行会社より多く払うことになります。

先払いはもってのほかで、翌朝集合の約束をしても先払いしてしまうとまず迎えに来ないと思ってください。ジンベイザメツアーに限らずあらゆることで日本人観光客はカモにされているので気をつけてください。

まとめ

この記事ではジンベイザメウォッチングについて、概要や参加の仕方などをご紹介してきました。近年人気になりすぎて環境問題や生態系への影響など、様々な問題が出てきています。

往復6時間以上かかり泳ぐのは30分だけと、移動が辛いツアーでもあります。フィリピンですので思いもよらないトラブルや日本との違いに困惑したりイライラすることもあります。

信頼できるツアー会社を選ぶことが何より重要です。ドライバーにとっても朝早く長距離のツアーなので、ほぼ毎年行き帰りの道中でオスロブに向かう車が交通事故が起こしているのが現状です。

とは言え、ジンベイザメと一緒に泳ぐことができるのは世界でも少なく、貴重な体験であることは間違いありません。10メートルを超えるジンベイザメを間近で見ると興奮すること間違いなしです。来年以降このツアーがあるかはわかりません。興味のある方は是非お早めに参加してみてください。

ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピングでは、オスロブのジンベイザメツアーは取り扱っておりません。
セブ島の観光アクティビティご紹介する記事です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事