パンダノン島のビーチ

今回ご紹介するのは、パンダノン島!

セブ島のアイランドホッピングで行ける島としては少し距離がありますが、美しいビーチがあり「天国に一番近い島」とも呼ばれています。

またコテージがあり、ご家族やお友達でのんびりと過ごすこともできます。それでは、パンダノン島の魅力をご紹介します!

セブ島アイランドホッピングで行ける「パンダノン島」

行き方

アイランドホッピングで行ける島6島の地図
パンダノン島は、セブ島からのアイランドホッピングで行ける島としては一番遠い島です。

港からは片道約1時間ぐらい、干潮の時は、薄水色の部分は通れずヒルトゥガン島ナルスアン島の外側を通りますので、少し時間がかかります。

ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピングのツアーでは、「ボート貸切」を選択いただくと、このパンダノン島に行くことも可能です。

遠距離となりますため、1グループ様1,000ペソの追加料金を頂戴しております。ただ、ツアー時間は1時間延長させて頂いていおります!

またパンダノン島の入島料は、1人170ペソです。

埠頭

パンダノン島の埠頭
パンダノン島は埠頭がありますので、こちらにボートをつけます。

パンダノン島の埠頭
反対から見るとこんな感じです。

ナルスアン島の桟橋と比べると規模は小さいですね。

ビーチ

パンダノン島の写真スポット
それではビーチをご紹介します。

こちらのすでにこの写真見覚えのある方もいるかもしれません。パンダノン島に行ったらほとんどの方がここで写真を撮るポイントです。

パンダノン島の写真スポット
白い柱と見渡す限りの海、いい写真が撮れますよ!

パンダノン島のビーチバレー
ビーチバレーもできます。

パンダノン島のビーチ
流木も置いてあり、写真映えするとこともたくさんあるのもパンダノン島の魅力です。

パンダノン島のビーチ
離れてみるとこんな感じです。

パンダノン島のビーチ
ビーチにポツンとコテージがあります。

セブ島のPVの写真などでも、ここのコテージがよく使われています。実はセブ島の海の写真は、このパンダノン島のビーチが使われていることが多いんです!

パンダノン島のビーチ
見渡す限り、砂浜と青い海だけです。

パンダノン島のビーチ
帰る頃には少し潮が引いてきてしましたね。

パンダノン島にはシュノーケリングポイントはないため、シュノーケリングはヒルトゥガン島またはナルスアン島で楽しんでいただきます。

コテージ

パンダノン島のコテージ
パンダノン島は島で管理しているコテージがあります。

1コテージ250ペソで借りることができます。ご希望でしたらスタッフにお申し付けいただければご案内させていただきます。

パンダノン島のコテージ
大きなコテージなので、10人以上でも大丈夫ですよ!

カオハガン島、ナルスアン島では飲食物の持ち込みはできませんが、唯一パンダノン島のみ飲食物の持ち込みが可能です。

なので、コテージを仮りていただければここでのランチも可能です。こちらもご希望の方はスタッフにお申し付けください。

パンダノン島のコテージ
コテージは事前予約はできませんので確約は出来かねますが、数は多いので借りられないということはまずないです。

パンダノン島のコテージ
小さめのコテージもあります。

売店・トイレ・その他

パンダノン島の売店
売店とは言えないかもしれませんが、島の方がドリンクやお菓子を販売しています。

離島なので価格は高め。コンビニの倍ぐらいです。

パンダノン島のトイレ
こちらはトイレ。

パンダノン島の教会
教会もあります。

パンダノン島のお土産
教会の横では、アクセサリーなどのお土産を売っています。

パンダノン島のBBQグリル
BBQのグリル場です。BBQオプションをつけて頂いて、かつパンダノン島に上陸してのお食事をご希望の場合にはこちらで焼いたものをお出しいたします。

BBQアップグレードの場合には、フィリピン料理に加えポーク、チキン、エビ、ソーセージなどをお出ししています。

パンダノン島のシーフード売り
島の方が売っているシーフード。

安くはないですが、注文するとグリルして提供してくれますよ。

パンダノン島の口コミ

設備はないですが、そこがこの島の魅力なんだと思います。
パンダノン島とヒルトゥガン島にアイランドホッピングで行きました。設備は何もないですが、そこがこの島の魅力なんだと思います。のんびり過ごせました。コテージはありました。

ただアクティブに遊べる場所ではないので、ガンガン遊びたい人向けではないです。注意点はこの島だけに言えることではありませんが、日焼けでしょうか。

40代・女性
天国に一番近い島というのは本当でした。
インターネットで天国に一番近い島というのを見てパンダノン島を選びました。見渡す限り空と海だけのきれいなビーチで天国に一番近いというのは本当でした。

シュノーケリングはここではできません。コテージがあるので借りてのんびりすることをおすすめします。

20代・男性
ホテルのビーチとはまったく違います。
アイランドホッピングで、バンカーボートにでパンダノン島に行きました。セブ島からは1時間ぐらい、ホテルのビーチとはまったく違いとてもきれいでした。コテージがあるので、お酒やお菓子を持ち込んでのんびりするのがおすすめです。私たちは平日に行きましたが土日は結構混むそう。きれいな海を満喫したいなら平日に行くのが良いです。
20代・男性

まとめ

よくご質問いただくのが「パンダノン島とカオハガン島どっちがおすすめ?」ということです。

ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピングのツアーでは、カオハガン島とヒルトゥガン島シュノーケリングのツアーが標準ですが、少し距離があるという点とまた純粋に美しいビーチに行きたいと言うなら、パンダノン島がおすすめです。

ご希望があれば、カオハガン島とヒルトゥガン島シュノーケリング、そしてパンダノン島の3島でも可能です。

他の島についてはこちらの記事もご覧ください
▶︎セブ島アイランドホッピングで行ける離島をご紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事