セブ島留学体験談

セブ島留学をされた方の口コミ体験談をご紹介します。

留学先の学校・留学時期・期間

留学された方:20代・女性
学校名:Stargate(スターゲート)
留学時期:2019年10-11月
留学期間:4週間

セブ島留学するまで

数年間勤めていた企業を退社して転職活動を始める際に、せっかく時間があるし、でも無職だからお金はあまり使いたくないし、安い上に授業の質は良いと評判のセブ島留学に行ってみようかなと思ったのが留学のきっかけです。

語学学校は自分では選びきれない程たくさんあったので、無料で留学をサポートして下さる、Global Diveというエージェントさんに、自分の希望を伝えて学校を探して頂きました。

学校選びの際に重視した点は、「安全性・利便性・清潔感」の3つです。Stargateはこの3つの条件をクリアしていた上に、価格も良心的だったので即決でした。

時期を10月-11月にしたのは、退社が9月だったというのと、大学生の方の長期休みと被らないようにした為です。せっかく留学に行くのだから、なるべく日本人以外の方とコミュニケーションを取ろうとこの時期を選びました。

期間は、金銭的なこととその後の転職活動を考えてとりあえず1ヶ月にしました。ですが、結局セブ島での生活が性に合い、結局学校卒業後ももう1ヶ月間セブに滞在して自主的に勉強を続けました。

学校(施設・国籍・生徒層・立地・周辺環境)について

施設自体は一つの建物の中に授業が行われる場所と寮があるので、毎回授業が終わるごとに部屋に戻ることが出来てとても楽でした。

またプールやジムもあり、自由に使用していいとのことだったので半数の生徒は利用していました。

生徒の数自体は全体で約40人〜50人くらいで他の学校に比べると少ない印象です。また生徒の国籍としては、台湾が6割・日本4割くらいの割合でしたが、日本の学生さんの長期休みの時期は日本人の方が多いとのことでした。

生徒層は全体的に真面目な人が多く、全員が門限や校則をしっかり守り、授業もきちんと受けていました。

日本人スタッフの方も常に駐在しており、少しでも困ったことがあればすぐに対応して下さり、私は一時体調を崩して病院へ行ったのですが、その時もスタッフの方が付き添って下さってとても心強かったです。

学校の立地としては、アヤラモールから徒歩12〜13分くらいの場所にあり、周りにコンビニや飲食店もあって、利便性はよかったです。

学校(授業・自習・宿題)について

授業はスピーキングを強化するコースを選択していたので、7コマ中4コマがマンツーマンでした。

基本的には先生と1対1でテキスト進めながら会話していくという授業でした。1クラスはグラマーを学ぶ動画授業で、後の2コマは数人で行うグループ授業でした。

最初の1限が朝8時からで、最後の7限が17時まででした。その内、空きコマが1個あったので、その間に次の授業の予習や復習をしていました。

基本的にどの授業も毎日宿題が出ますが、量はそんなに多くないです。ただ宿題以外に、わからない単語などの予習をしておかないと次の日の授業は質問だけで終わってしまい、テキストが進まなくなるので予習が必須だと思います。

どちらかと言えば宿題よりも予習のほうが時間を費やしていました。

授業中はただテキストを進めるだけでなく、先生と談笑することも度々ありますが、フィリピンと日本の文化の違いを先生と話し合うのはとても刺激的で楽しい時間でした。

会話が全て英語ですので、わからないことがあった時質問しても、説明もすべて英語なのでそれを理解するのが少し苦労しました。でもそのおかげで1ヶ月でしたがリスニング力は確実に上がりました。

学校(宿泊施設・食事・学校周辺環境)について

Stargateは平日は3食食事がでて、土日は夜ご飯以外は出してくれたので、基本的に学校に滞在中は食費がほとんど掛からず助かりました。

食事のでない土日の夜は、みんなで外食しに行ったり、デリバリーを頼んだりしていました。食事は基本的に日本食で味は美味しいです。野菜やフルーツも毎回出ていて栄養バランスもしっかりと考えられている食事でした。

外食に行くときは、ITパークSMモール、アヤラモールまでみんなで出かけて食べることが多かったです。

また部屋や自習室での勉強に飽きたときは、近くにカフェが3つくらいあるので、よくカフェで勉強していました。

施設のすぐ近くにCastle Peakというホテルがあり、その最上階がコスパの良いバーになっているので、Stargateの生徒のほとんどはそこでお酒を飲んでいました。

そのホテルのすぐ隣にはセブンイレブンがあるので、すぐに必要だと思った日用品や簡単な食事などはそこで購入することが出来て便利でした。

部屋は勉強集中4人部屋という部屋でしたが、ベットが4つとそれぞれの収納スペース、洗濯物を干せるベランダとシャワー・トイレがありました。何よりよかったのが、ベッドの下が勉強机になっていることで、本当にいつでも勉強に集中できる環境でした。

土日のセブ島アクティビティ・観光について

Stargateでは毎週末アクティビティが用意されており、私は日帰りでボホール島という島へ行けるアクティビティに参加しました。

Stargateに入学してすぐに学校のLINEを登録するのですが、アクティビティや平日のイベントは全てそのLINEでお知らせが来て、参加したい場合はその旨をLINEに返信すればスタッフの方が手配して下さるという流れでした。

内容としては、日帰りだったので朝の6時に出発して、学校に帰ってくるのが22時という中々ハードスケジュールでしたが、とても充実したものでした。

川を下りながらビッフェを楽しめるフローティングレストランに行ったり、ジップラインを楽しんだり、ターシャという可愛いお猿さんを観たり、チョコレートヒルズという丘を観たりして遊びました。

生徒20人くらいと付き添いの学校スタッフの方で参加しましたが、1日中楽しくて本当にセブ島の良い思い出になりました。

▶︎ボホール島の魅力を徹底解説!セブ島から2時間で行ける自然が残る島

セブ島留学の感想・検討している方へメッセージ

セブ島留学に来てみて一番に感じたことは、来る前のイメージと実際に来てみた後のイメージが大きく違うということです。

留学に来る前は、南国の海の綺麗なリゾート地というイメージでしたが、実際に来てみたら私が留学したセブ市内はまだまだ発展中の街というイメージです。

モールなどはとても綺麗ですが、道路はあまり整備されていないし、空気も良くないです。そして大半の市民の方が、日本人と比べると貧乏です。

ですが、とてもいい街だということは間違いありません。フィリピン人はみんな、愛想がとても良く目があったりすれ違ったりするだけで陽気に声をかけてくれます。

みんな歌が好きなので、飲食店やモールではよくシンガーが歌を歌っているし、タクシーの運転手さんやお店のスタッフさんも働きながらよく歌ったり踊ったりしています。

そしてみんな本当に良く笑います。そんな彼らの姿を観ている内にこっちもすごく明るい前向きな気持ちになるし、生活するのが楽しいです。

また物価も安いので、美味しいものをたくさん食べれるし、買い物も日本よりも思い切ってたくさん買えます。

そして全員英語が通じるので学校内だけじゃなく、プライベートで外にでかけることさえも英語の勉強になります。

セブ島留学を完結にいうならば、「楽しく、安い」です。もし留学を迷っているならば、来て後悔することは絶対にないと言い切って、おすすめできる場所です。

セブ島留学についてはこちらの記事をどうぞ
▶︎【セブ島留学とは】学校の選び方と10の特徴をお教えします
▶︎フィリピン・セブ島にあるサウスピークでの本気留学

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事