【セブ島留学体験談:SMEAGキャピタル】一生忘れられない貴重な経験

セブ島留学体験談

セブ島留学をされた方の口コミ体験談をご紹介します。

目次

留学先の学校・留学時期・期間

  • 留学された方:30代・男性
  • 学校名:SMEAGキャピタルキャンパス
  • 留学時期:2022年10月-11月
  • 留学期間:4週間

セブ島留学するまで

私は仕事柄、英語で対応することが多々ありました。ですが部署移動となり、BtoCだけではなくBtoCも求められるようになったので、「より英語力を磨かねば!」と考え、留学を決意しました。

「安い料金でスピーディに学ぶ」を条件に探したところ、留学経験者の職場の同僚から、フィリピン留学センターを紹介されました。

すぐ説明会を申し込み、詳細を聞きに行きました。条件として「治安がいい」ことを第一にしました。

セブ島にあるSMEAGキャピタルキャンパスのあたりは、治安が良く、またSMEAGキャピタルキャンパスは企業の研修先としても評価が高いときき、ここに決めました。

1日10時間以上のレッスンを受けることができるという点にも、非常に興味を惹かれました。「ここであればみっちり英語の勉強ができる!」と感じたことが決め手になりました。

1人部屋や4人部屋を宿泊では選ぶことができ、費用は1ヵ月で、一人部屋は102,600円、4人部屋は84,600円でした。この点は非常に迷いましたが、4人部屋にしました。

4人部屋だったので、渡航前は同じ部屋の人たちとのコミュニケーションが不安でした。

コロナ禍でのセブ島留学について

コロナやフィリピンの入国情報は、自分でも調べましたが、留学エージェントの方が共有をしてくれました。

フィリピン入国にあたって、コロナのワクチン接種証明書は当然準備しました。そのため到着後に検査や隔離はありませんでした。

また滞在中にコロナにかかる可能性も考慮し、海外旅行保険に加入し備えました。

現地は日本と同じように、ソーシャルディスタンスの確保やアルコール消毒、マスクの着用は求められてます。でも外出制限などはありません。韓国や中国の留学生が多くいました。

実際にセブ島に渡航し、日本よりも緩い雰囲気に感じました。警戒レベルが最も低い1のせいもあり、例えばナイトクラブなどもにぎわっている様子でした。

また日本帰国時は日本でワクチンを3回接種していたので、隔離などはなくスムーズに職場に復帰できました。

※2023年1月現在、公共交通機関内または病院内のマスク着用以外のすべての規制は撤廃されています。

学校(施設・国籍・生徒層・立地・周辺環境)について

SMEAGキャピタル
施設はとてもきれいでした(古びてはいましたが)。

SMEAGは学校の中に寮があり、朝昼晩の食事つきで、洗濯や掃除のサービスもついていたので、快適に日々を送ることができました。また出入り口に24時間体制で警備員が立っており安心でした。そのうえ常駐の看護師までいました。

「人に迷惑をかけるな」以外は特に校則はありませんが、治安がいいエリアだといっても、夜の外出は推奨されていませんでした。

学校の中にはジムやシアタールーム、カフェがあり、びっくりしたのは、マッサージショップまであったことです。

食事は非常においしく、日本人シェフが監修しているためか日本食が多かったです。脂っこいものが少ない印象で、野菜が多めでヘルシーで健康的でした。

学校(授業・自習・宿題)について

授業はESLとTOEICコース、TOEFLコースがありました。1日45分の授業が12コマあり、マンツーマンレッスンとグループレッスンが半々ほどの割合でした。また早朝と夜間にもレッスンが行われます。

私がいたESLコースは、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングをバランスよく学ぶコースで、毎日宿題が出ました。約250字ほどの英語のエッセイです。

ハードなスケジュールではありましたが、「英語力を伸ばす!」という強い思いがあったので大変だとは思いませんでした。

毎晩英語でエッセイを書く時間は、私が文章を書くことが好きな人間だったため非常に楽しかったです。

英語力はかなり上達しました。中でも聞き取る力・リスニング力が大幅にアップしました。

学校(宿泊施設・食事)について

学校での生活は快適で、食事は3食ついてます。日曜日のみブランチと昼食となっており2食のみです。ですが、ボリュームがあるのでわざわざお金を出して外で食べる必要はありませんでした。

寮は、1人、2人、3人、4人部屋と選ぶことができます。金額は4人部屋が84,600円で、人数が減るごとに約5,000円増えていくイメージです。1人部屋ですと102,600円です。

部屋は大変きれいで、壁にテレビがかかっていて、トイレは非常に清潔、ホテルのようなベッドもふんわりしていて寝心地がよかったです。いわゆるウェルカムキットもありました。

この寮が学校の中にあります。学校の中には売店やシアタールーム、ビリヤード場、ジム、カフェがあるので、充実した毎日を送ることができました。

治安はよく、落ち着いた場所ですが、夜間の外出はしませんでした。

セブ島アクティビティ・観光について

セブ島のクラウンリージェンシー
セブ市内で特に印象に残っているアトラクションは、クラウンリージェンシーの絶叫アトラクションです。韓国からきている留学生に紹介してもらい、寮の同じ部屋の二十歳の通信制大学の学生と一緒に行きました。

直接クラウンリージェンシーホテルに行き申し込みます。

このクラウンリージェンシーホテルは40階あります。一般のホテルなんですが、屋上に絶叫アトラクションが用意されています。アトラクションは複数用意されてます。

命綱をつないで38階の足場を進む「スカイウォーク」、急傾斜のマシンに座ってビル外周を1周する「エッジコースター」、ロープウェーのようにビル間の進む「ジップライン」がありました。

正直、高いところが得意なわけではないので、どれも普通に怖かったです。二人で悲鳴ばかり上げてましたが楽しかったです。個人的には大満足でした。

料金は当時は1,150ペソでした。アトラクションの体験費用がこの料金で、写真撮影をする場合にはスタッフに撮影してもらい、その写真を購入する必要があります。

セブ島留学の感想・検討している方へメッセージ

セブ島に留学した感想を一言で言えば「楽しかった!」になります。

もちろん英語力は向上しましたが、食事はおいしかったですし、韓国や中国、もちろん日本からの留学生の友人も多くでき、大変いい思い出になりました。

一生忘れられない貴重な経験になったと思ってます。

米国などに留学するよりも金額は抑えられますので、迷っているならまず説明会などに積極的に足を運んでみるといいのではないでしょうか?

学校選びは治安のいいところをメインに、目的別に選べばいいと思います。留学エージェントに「TOEICの点数を上げたい!」などと思いをはっきり伝えればOKです。

留学はぜひまたしたいと思ってます。

もし留学をしようと思っている方がいるなら、積極的に他国の留学生とも交流することがおすすめです。

現地の人よりもいろんな国の留学生がわいわいいますので、物おじせず輪の中に入っていくといいと思います!

セブ島留学についてはこちらの記事をどうぞ
▶︎【セブ島留学とは】学校の選び方と10の特徴をお教えします

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲストライターによる寄稿記事です。主に体験談(アイランドホッピング、セブ島旅行、セブ島留学)を寄稿していただいております。

コメント

コメントする

目次