セブ島の格安アイランドホッピング

セブ島には様々なアクティビティがありますが、アイランドホッピングがおすすめな理由10個をご紹介します。

人気No1アクティビティと言われるその理由とは?

離島の海のキレイさは別格

パンダノン島
セブ島周辺の離島の海は、白い砂浜が広がりほんとうにキレイです。マクタン島の海とは違います。

ヒルトゥガン島でのシュノーケリングは、海は透き通っていてたくさんの魚を見ることができ、皆様感動されています。カオハガン島も白い砂の遠浅の海が続いていて、魚の他にタコなんかも見つかることもありますよ。

セブ島は、1年中約30度と気温が安定しているので、アイランドホッピングも1年中お楽しみ頂けます。

インスタ映えするセブ島の海

ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピング
白い砂浜はもちろん、水中カメラや防水ケースがあればシュノーケリング中にもたくさんの魚の写真を撮ることができます。

セブ アイランドホッピング
船の上も、特にこの船首が写真映えしますよ!

ヒルトゥガン島でのシュノーケリング

アイランドホッピングのシュノーケリングマスク
セブ周辺で最もシュノーケリングスポットとしてオススメなのが、このヒルトゥガン島です。海洋保護区で、遠浅の海から海中で崖になっている場所で、多くの魚がいます。

泳ぎの苦手な方でも、ライフジャケットがあるので大丈夫ですよ。感動すること間違いなしです!

カオハガン島で自然の暮らしを知る

カオハガン島
カオハガン島は「何もなくても幸せな島」として日本でもメディアで取り上げられ、一躍有名になりました。

500人以上の住民が住んでいる島で、観光客向けの宿泊施設もありますが、現在でも電気はありません。住民のうち、女性はお土産品のカオハガンキルトを作って販売したり、男性は漁師として働いている島です。

白いビーチが広がっており、島でのんびりしたり、ビーチで泳ぐこともできます。

カオハガン島
カオハガン島では、カヌーもあります。30分200ペソです。

トライしてみたい方は、カオハガン島のスタッフに声をかけてみてください。

子供から大人まで全員が楽しめる

子供から大人までご家族で全員に楽しんで頂けるのがアイランドホッピングの大きなメリットです。

ライフジャケットやシュノーケリングマスクもお子様用のサイズをご用意しております。ライフジャケットもありますが、浮き輪は救命用のものしかないので、お子様用の浮き輪で遊びたい場合にはお持ちいただければと思います。

カオハガン島ではほとんど波はなく、遠浅の海が広がっていますので、小さなお子様でも楽しんでもらうことができます。

貸切ボートなら楽しみ方も無限大

アイランドホッピングのボート
貸切ボートなら、船の中をご自由にお使いいただけるだけではなく、いろいろな楽しみ方をしていただくことが可能です。

ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピング
カオハガン島とヒルトゥガン島でなく、他の島に行きたい!というご希望も承ります。

こちらの島から2つ選びいただけます。
・ヒルトゥガン島
・カオハガン島
・ナルスアン島
・ソルパ島
・オランゴ島
・パンダノン島(遠距離の為、別途1,000ペソ)

また、貸切なのでシュノーケリングの時間を長めにしたい、早めに港に帰りたいというご希望にももちろん対応いたします。シュノーケリングはせずに島でのんびり、ということも可能です!

お酒やお菓子の持ち込みもOK

セブ島のセブンイレブン
当ツアーでは、飲み物や食べ物は無料でご自由にお持ち込みいただけます。

もちろんお酒もOKです!

他のアクティビティと比べて安い

当ツアーの場合、お1人様1,799ペソ(3名様お申し込み時)です。5名様以上だとさらにお安くなります。ランチやシュノーケリングマスクなどは、すべてご用意しています。オスロブのジンベイザメツアーやホテルのデイユースと比べても半額以下でセブ島の海を楽しみ頂けます。

シャングリラ・リゾート・マクタン
ホテルデイユースの場合は、1,000ペソしないホテルもありますが、ほとんどのホテルビーチはあまりキレイではなく、プールがメインとなります。唯一泳ぐのにオススメできるのは、シャングリラホテル(休日4,600ペソ)です。

▶︎【シャングリラ】セブ島No1のリゾートホテル・宿泊レビュー付き

時間を有効に使える

パンダノン島
当ツアーで使っているコルドバのRORO PORTまでは、セブ市内(アヤラモール付近)からだと1時間弱、マクタン島リゾートホテルエリアからは30分程度です。

9:30に港に集合して頂いてから、乗船して少しご説明させて頂いた後、すぐ出航いたします。港からカオハガン島、ヒルトゥガン島までは船で30分程度の距離です。

オスロブのジンベイザメツアーなんかの場合には、セブ市内から車で片道4時間、往復8時間かけてセブ島の南部のオスロブという町まで移動し、泳げる時間も30分と決められています。朝5時に出発して帰りも19時ぐらいと、移動時間も長くて疲れるので、翌日にも疲れが残ってしまいます。

アイランドホッピングの場合には、出航した後は、海の景色やシュノーケリング、ビーチと目一杯楽しんでいただくことができます。お帰りは14:30頃を目安に港に戻ってきます。夕方からはマッサージやレストランに行ったり、セブ島留学生の方も次の日の勉強には支障はありませんよ。旅行でセブ島に来られている方も時間を有効に使えます。

港までの所要時間は、曜日によっても変わりますのでお問い合わせいただければと思います。

セブ島留学生にもおすすめ

上でもご紹介した通り、丸々1日かかるアクティビティではないので、翌日の授業にも支障が出ません。また留学生で大人数のグループの場合にも、大型の船がありますので、皆さんでお楽しみ頂けます。

往復の送迎も1台2,500ペソ(12人乗り)です。

まとめ

今回は、セブ島に来たらアイランドホッピング行くべき10個の理由をご紹介しました。セブ島に来たからには離島の海の美しさを楽しんでいただければなと思います。

貸切ボートにすれば、ご家族様やグループ同士で自由にお楽しみ頂けて、思い出もいっぱい作れますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事