セブ島のアイランドホッピングで行く島としては、基本的にはこの6島があります。

1. カオハガン島:何もないけど幸せな島として、メディアにも取り上げられた日本人オーナーの島。
2. ヒルトゥガン島:シュノーケリングポイントとしては最もオススメの島。
3. ナルスアン島:今回ご紹介する長い桟橋が有名な島。
4. パンダノン島:少し遠いが、白い砂浜が広がる美しいビーチがある島。
5. ソルパ島:比較的近く、行きやすい島。
6. オランゴ島:2万人以上が住む大きな島。

ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピングでは、通常のプランは「カオハガン島(上陸)とヒルトゥガン島(シュノーケリング)」です。おすすめはこの2島のツアーですが、ボート貸切でご希望があれば今回ご紹介するナルスアン島にも行くことができます!

ナルスアン島(Nalusuan)とは

ナルスアン島の地図

GoogleMapから引用

赤い点がナルスアン島です。

港からは直線距離だと約8km、実際は港からナルスアン島までは薄水色の外側を通っていきますので、約10km、40分ぐらいの距離です。

アイランドホッピングで行くことができる島としては比較的近いです。ヒルトゥガン島は30分、カオハガン島だと45分ぐらい、パンダノン島は約1時間半かかります。

自力で港で交渉していく場合は、マリゴンドンポートやヒルトンポートから行くことが多いと思います。船も小型なものが多いので、1時間ぐらいかかります。

ナルスアン島の桟橋
何と言っても、特徴はこの長い桟橋!

なんでこの桟橋があるかと言うと、ナルスアン島の周辺は遠浅の海が広がっています。そのため、このぐらい桟橋が長くないと、潮が引いている時には接岸できなくなってしまうためです。

ナルスアン島の地図

GoogleMapから引用

上空から見るとよくわかります。衛星写真を見ると桟橋は300mぐらいありますね。実際はもっと長く感じます。この周辺は保護区(サンクチュアリ)に指定されています。

島の直径は100mもないぐらいの小さな島です。島1周も5分もあれば出来ちゃいます。写真を見ると、白いビーチも広がっています。潮の満ち引きによっては、完全に干上がってしまったり、少し深い時もあります。

ダイビングでナルスアン島を訪れる人は、色の濃い深いエリアで行うようです。


ナルスアン島を遠くから見ると、こんな感じです。やっぱり桟橋が目立ちますね。


近づくと、こんな感じです。

この桟橋の手前側はボートの停泊エリア、反対側はシュノーケリングエリアとなっています。

ナルスアン島のシュノーケリング
この日は特に水深が浅い日でした。この辺りは島からは一番離れた場所ですが、それでも水深は1mほどです。

写真映えする島

ナルスアン島
上陸してみました。白い砂がとてもきれいです。

ナルスアン島
お子様用のシーソーもあります。FOR KIDSと書いてありますが、写真を撮るのにも良いですね!

ナルスアン島
トイレもあります。

ナルスアン島
島の中には何箇所か写真スポットがあります。

写真映えするポイントが多いのも、ナルスアン島の特徴です。

ナルスアン島
黄色いボートに山積みのココナッツの実。

ナルスアン島
こちらは皆さんも見たことがあるかもしれません!この奥がビーチです。

ナルスアン島は小さな島なので、一周すればすぐ見つかりますよ。

ビーチではバレーボールで遊ぶこともできます。ボールは100ペソでレンタルも可能。(数に限りあります)

ナルスアン島
また、島内にはハンモックや。

ナルスアン島
チェアがありますので、お昼寝もできます。お昼寝前には日焼け止めを忘れずに!

シュノーケリングができる

ナルスアン島のシュノーケリング
ナルスアン島は、この桟橋の片側がシュノーケリングエリアとなっています。ヒルトゥガン島とは違って、水深は浅いです。

ナルスアン島のシュノーケリング
でもたくさんの魚を見ることができますよ。魚の種類や大きさでは、水深が深いヒルトゥガン島の方が上ですが、ナルスアン島のシュノーケリングでは手が届く距離で、珊瑚やそこに集まる魚を見ることができます。

島によって、違った楽しさがあります。

宿泊施設(ヴィラ)

ナルスアン島の宿泊施設
ナルスアン島には、宿泊施設もあります。1泊3,000ペソぐらいです。

ただナルスアン島に来る人の99%近くは、日帰りのお客さんだと思います。島自体はとても小さいので日帰りで十分楽しめます。

ナルスアン島
ナルスアン島は、飲食物の持ち込みが禁止されています。レストラン以外にも、ドリンクを飲めるところもありますので、喉が渇いたらいいですね。料金はビール1本100ペソぐらいと、高めです。

クレジットカードは使えません。現金を忘れずに用意しましょう!

ナルスアン島のカヤック
アクティビティとして、カヤックもあります。1時間250ペソ。お時間があれば島のスタッフに声をかけて挑戦してみるのもいいですね!カヤックは、カオハガン島にもあります。

レストランもある

ナルスアン島のレストラン
ナルスアン島にはレストランが併設されています。ブッフェでお一人800ペソだそうです。(値段は変わる可能性があります。)

ナルスアン島のレストラン
少し覗かせてもらいましたが、フィリピン料理がメインです。

やはり離島なので、割高なのはしょうがないですね。

ナルスアン島のレストラン
また、ドリンクの販売もしています。冷えたビールやココナッツジュースもありますよ。ビールは100ペソ、ココナッツシェイクは200ペソ。

大量のSOJU(韓国焼酎)も見えます(笑)。250ペソです。

ちなみに、当ツアーではお酒の持ち込みは自由です!セブンイレブンなどでビール1本40ペソで買えますので、持ち込んで船で飲んでいただくのはご自由にどうぞ!

ナルスアン島のレストラン
アクセサリーや工芸品などの、お土産も売っています。

ナルスアン島のまとめ

ナルスアン島は小さいので、土日は韓国人の団体さんが多く、結構混んでいます。もし、平日に行けるのであれば平日がおすすめです。そのほうが、桟橋でもいい写真が撮れますよ!

またナルスアン島は、韓国人オーナーの島なので、韓国人の観光客が比較的多いかなと思います。反対に、日本人オーナーのカオハガン島は日本人が多いです。

どちらもとても良い島です!

ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピングでも、ボート貸切の場合はナルスアン島に行くことが可能です。お問い合わせ・ご予約お待ちしております!

ベスト・オブ・セブ・アイランドホッピングの詳細はこちら
▶︎セブ島格安アイランドホッピング【貸切可】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事